新会派を結成しました

生活者ネットワークは2021年5月14日、かとうぎ桜子さん(市民ふくしフォーラム)、岩瀬たけしさん、高口ようこさん(市民の声ねりま)と新たな会派「インクルーシブな練馬めざす会」を結成しました。

2019年の改選から2年経過しましたが、この間、少数意見を軽視する議会運営を痛感してきました。

古い体質の区議会を変えていきたい。
一人ひとりの特徴や権利が大切にされ、認め合える社会をつくりたい。
多様性が尊重され、だれも排除されない、インクルーシブな地域を実現したい……
5人がめざす社会は、同じです。

任期の折り返し地点である今、同じ考えを持つ5人のちからを結集し、”あたりまえ”の感覚が通る議会にしていきたいと考えました。

議会運営は、その議会によって大きく違います。

1人でも議会運営委員会に出席し、発言権を持てる議会がある一方で、練馬区は「数の力」を基準にする議会です。議会運営に影響を与える「幹事長会」に出席できるのは、5人以上の会派から。
今までは、わずか3会派しかありませんでした。

議会改革は容易なことではありませんが、幹事長会に参加することで、少しでも前進させたいと思っています。

「逆境に耐える」の花言葉をもつカモミールのように、ねばり強く、みなさんの思いを実現してまいります。

練馬区議会の新会派「インクルーシブな練馬をめざす会」(インクルねりま)の応援を、何卒、よろしくお願いいたします。

左から岩瀬さん、高口さん、かとうぎさん、やない、きみがきさん