理念・基本姿勢

     3.11後、多くの市民が「原発ゼロ」を願ったにも関わらず、現政権は「原発推進」に舵を切り、特定秘密保護法を強引に成立させるなど暴走に歯止めが利きません。

 地域では暮らしや教育、自然環境を破壊する、いくつもの道路計画が強引に進められています。福祉を切り捨て、経済効率を優先した区政を変え、子ども・若者、高齢者、障がい者も安心して暮らし続けられる、市民自治のまち練馬を実現したい。そのためには、市民の声を政治につなぐ議員が必要です。生活者の視点を持ち、区民の声を集めて議会に届ける議員を増やすためにやない克子は挑戦します。