政治を「生活を良くする道具」として使いこなす社会へ

2019年1月1日 00時10分 | カテゴリー: 原発ゼロ, 大事なことは市民が決める, 議会を変える

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます 。

庁舎から望む凛とした富士山は私の元気の源

昨年は、命に関わるような猛暑や、地震・風水害など日本中が災害に見舞われた1年でした。自然の猛威を目の当たりにしたと同時に、社会の構造や私たちの暮らし方が影響しているのでは、と感じています。
9月の北海道胆振東部地震によるブラックアウトでは、発電と送電のしくみの見直しが急務であることや再生可能エネルギーの整備によって災害時のエネルギー確保が可能であることが明らかになりました。

何が何でも憲法を変えたいと考える安倍政権。
憲法の基本原理「国民主権」「基本的人権の保障」「平和主義」が現実のものになっているでしょうか?
数の論理で押し通す国会や国会議員の言動、福祉や性の多様性の視点から見ると人権がないがしろにされている実態、膨れ上がる防衛費などどれをとっても、憲法の基本原理には遠く及ばない現状で、「憲法改正」より先にやらなければならないことがあると多くの国民が考えています。

数の論理が優先する政治は練馬区議会も例外ではありません。
より良い区政をめざし、議員間討議のしくみづくりや情報提供・公開をすすめ開かれた議会運営、議会改革が必要です。

政治は生活を良くする道具。
生活の中で感じる不安や疑問、要望を聞かせてください。
ひとりの問題は、実は共通の問題かもしれません。
一人ひとりの声が届く政治にするために力を尽くす1年にしたいと思います。

憲法を活かし誰もが尊重され、安心して暮らす地域社会の実現に向けて皆さんと一緒に取り組んでいきます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年も「高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」に参加します。
昨年8月から新宿区立公園のデモ規制が始まりデモの継続が心配でしたが、集合場所を変更して7回目を迎えることができました。
1日も 早く「原発ゼロ決定!おめでとうパレード」になるように、 一緒に歩きましょう。

第7回 高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ
◎日  時:2019年1月6日(日)14:00集合、14:30スタート
◎集合場所:都立戸山公園(大久保地区・芝生広場)高田馬場駅から徒歩約10分

昨年は明るい日差しのもとでのデモ。今年はどうかな?