「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力を

2016年4月11日 11時49分 | カテゴリー: 平和・人権, 活動報告

昨年9月19日、強行採決によって可決成立した「平和安全保障関連法」。「戦争法」という表現を批判する声もありますが、国際紛争解決のための武力行使を可能とするもので、やはり、憲法違反であり、日本が戦争できる国へと大転換する法整備であると考えます。国会では、超党派の議員によって提出された廃止法案を後押しするためにも、目標の2000万人をめざして全国で署名活動が行われています。署名の集約日は4月25日。いよいよ大詰めです。

この署名活動は、さまざまな団体が別々に活動していた従来のスタイルから、「戦争法の廃止を求める統一署名」として、1本化するという画期的な試みです。生活者ネットワークは、4月9日(土)の毎月9日恒例の「9条スタンディング」、10日(日)区内5か所での「春らんまんPEACE大作戦」に参加し、署名を募りました。9日は土曜日の12時から13時までの1時間、練馬駅前での活動に4名が参加。10日は12時から14時までの2時間、私は大泉学園駅南口デッキの活動にきみがき圭子区議とともに参加しました。こちらには、総勢24名が参加し、102筆の署名が集まりました。

全国では1000万筆、練馬区では3万筆の署名が集まっているそうです。目標の2000万人をめざして、いよいよラストスパート。地域で活動していても、署名活動を知らなかったという方もいました。まだ署名をしていないという方には署名用紙をお届けしますので、練馬ネットにご連絡ください。(メールアドレス:info@nerima-net.gr.jp  郵送しますのでお名前とご住所を明記してください)

4/9 練馬ネット9条の会「9条スタンディング」

4/9 練馬ネット9条の会「9条スタンディング」

4/10 「春らんまんPEACE大作戦」大泉学園駅南口デッキ

4/10 「春らんまんPEACE大作戦」大泉学園駅南口デッキ