特定秘密保護法案 参議院特別委員会で強行採決

2013年12月6日 09時37分 | カテゴリー: 平和・人権, 活動報告

 12月5日(木)「特定秘密保護法案」がとうとう参議院国家安全保障特別委員会で強行採決されてしまった。

 この日も朝から議員会館前での抗議アピールが行われていた。私自身は午前中は練馬区議会の文教委員会を傍聴し、午後から抗議行動に参加していた。議員会館前には抗議行動する大勢の市民と多数の警察車両と警察官。そんな状況の中、社会科見学だろうか、小学生の一団が国会議事堂に入って行った。彼らはこの光景をどのように感じただろうか。質問された教員はどのように説明しただろうか。

 すっかり辺りが暗くなった頃、参院特別委員会での強行採決の知らせを聞かされた。なんという暴挙。これが民主主義といえるのだろうか。いよいよ6日の本会議で採決される見通しだ。なんとしても法案成立を阻止したい。同じ思いの大勢の市民と抗議のアピールをするつもりだ。国会周辺での抗議行動の情報